2006年06月21日

好きな物や人が多すぎて。

今月、ヤバイデス、、、

待望のCDってのがてんこ盛りで。
掘り出し物もあったり。

給料前だっつーのに、買う買う。

今iPod内でヘビロなのは、宇多田ヒカルの「ultra blue」。
4年ぶりらしいっすね。
なんか「exodus」出したこともあってかあんまし久々って感じも
しないんだけど。
hikkiワールドはさらに深化したなぁ、っつー感じが。
カラオケで歌いにくそうな歌が。でもクオリティー高いです。
「非ジャンル化」。俺にとってはすんごいヒットです!

お次はアンジェラ・アキの「HOME」。
じつはまだ宇多田ヘビロの影響で聴いてないという、、、
でも、気持ちが落ちつく夜中に聞きたい1枚だったりします。

で、今日会社の後輩に買ってきてもらったのがCocco。
「ザンサイアン」。今聴きながらこれを書いてますが、
まさに「復活」の狼煙ばんばん焚いてます。
歌います、叫びます、囁きます。
「WAYOUT」の悲鳴、再びって感じ。
まあそれはみなさん、聴いてみて下さいな(笑)。

あと、ここんとこ個人的に盛り上がってきたのが「GALAPAGOS」。
ご存知でしょうか?
もうかれこれ17年前になりますが、布袋寅泰の妹のバンドってので
一時期ヒットしてたバンドなんですが、、、
たぶんあんまし知ってる人いないんだろな(涙)。
当時としては珍しい、THE SLITSとかRIP RIG &PANIC系の音を
出すグループで、今でも十分通用するんじゃないかな?っつー
オリジナリティあふれるバンドでした。
で、すんごい聴きたくなって1stから3rdまで一気にオークションで
落としてみました。
で、今日そのうちの2枚が到着。
ジャケット見るともう懐かしくて。
なんかいろんなもんすっとばして明日からのヘビロになりそう、、、

画像系は後から更新していきましょうわい。

なんか久しぶりに長くなったなぁ。
誰かGALAPAGOS知ってる人、突っ込み大歓迎ですよん!!
posted by toshi at 00:53| 香川 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

ez do dance

てなわけで、遅くなりましたがライブレポです。

先週の日曜、6月4日にTRF@Zepp Osakaに行ってまいりました。
先月からの腰痛がちょっと心配だったけど、楽しいことだけはどうしても
やめられん!ということで。
腰痛を押して行って来ました。

年齢層が高めなのは否めないものの、わりと若い子もいて。
オールスタンディングってことでもみくちゃになるのかと思いきや、
何のこっちゃない、ふつーに踊れました。

1曲目、「Brave story」で幕を開け、新しいアルバムからの曲やヒット曲などを織り交ぜながら、緩急つけつつの2時間半。
過去の小室作品でみんながアガるのは当然の如しで。
最近の曲からは15年の風格というか、余裕も感じられて。
テンポが少しミドルめになってきたけど、ダンスはやはり健在。
「masquarade」、「where to begin」、「unite! the night」や
「overnight sensation」など、終始盛り上がりっぱなし。
SAMもCHIHARUもETSUも「さすが!」の踊りっぷり。
MEGAMIX時代のこととかを思い出しながらじっくり堪能させて
いただきましたです。ステージ上に「TK Rave Factory」と書いてあったらしいんだけど、小室時代に決別の意味があったのか、はたまた初心に帰るという意味だったのか。でもいつになく気合の入ったステージでした。

アンコールは新しいアルバムの1曲目「Good Day,Sunshine」で登場。
それまで散々踊り倒してるみんなをさらに煽り。
最後2曲「survival dAnce〜no more cry〜」と「boy meets girl」で
みんなを完全に燃焼してくれました。

7年ぶりのツアーということでメンバーもすこし緊張してたみたいだけど、
さすがはエンターテイナー、思う存分見せてくれました。

Zepp自体はじめて行ったんだけど、あんなにステージが近いとは思わなくて。
せり台に来たメンバーがすんごい近くて。
みんな楽しそうに踊ってたのが印象的でした。

と、いう感じですが、キャップ、どうでしょか??
posted by toshi at 01:06| 香川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

beautiful

久々にbonobosがやってくれました。

「beautiful」。ほんとにびゅーちふるな歌ですたい。

どこかフィッシュマンズに似ててそっから始まったはずなんだけど、いまやもう完全にとりこでやんす。

「きみと生きてゆきたい 小さな日を焚きながら
 暮れてゆく空 このひとときずっとずっと続け!」


ですよ。もう、なんていうんでしょうか。涙出ます、ふつーに。

もしよければぜひ一度聴いてみて下さい。
絶対ラヴな気分になれますから!

「beautiful」/bonobos
posted by toshi at 01:19| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

hot!hot!hot!

ついに出ました!
レッチリの新作でございます。

「STADIUM ARCADIUM」

気がついたら前作から4年も経ってたんだなぁ。
「BY THE WAY」も個人的には好きで、しばらく車内ヘビロだったんだけど。
今回もヘビロ間違いなしです!

アルバムからの1stカット「DANI CALIFORNIA」から始まり、バンド初の2枚組みというボリューム!(除くベスト盤)

4年間の間にはフリーが脱退を考えたりと相変わらずの紆余曲折ぶりですが、
それらのネタを払拭するくらいのパワフルナンバー揃い!

今それを聴きながらこれを書いてますが、ほんっと飽きない。
てか聞いてる最中に飽きるようなアルバムだったら買わんわいっ!

てなわけで今年の夏はまたフジロックで来日するみたいだし。
今年の夏は暑うなるでぇ〜!!!


879.jpg
posted by toshi at 23:48| 香川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

あなた自身で確かめて。

出た出た出た、注目のアーティスト3組。
アルバム買いましたさ。

まず1組目。
sambomaster.jpg

サンボマスターでございます。
登場したときからすんごいパワーある人たちだと思ってて。
アルバム出すごとに活字が増えて。
でも、無駄な活字なんかいっこもない。
熱いラブソング満載。ボーカル&ギターの山口隆の放つ言葉は、
ほんとに純粋で暖かいと思うわけで。
今一番新しいシングル「手紙〜来るべき音楽として〜」はMV先行で
聞いて。前回のシングルが「愛と平和」だったら、今回は
「I got soul!」ですか。なんとなく聞いてたらほっとしてしまう
やさしいうた。
映像見てると単にむちゃくちゃなギターにがなりたてるボーカルかも
しれんけど、言ってる言葉を一個一個拾ってみてください。
とりこになるよ。

続きを読む
posted by toshi at 23:31| 香川 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ビバ!80's

戸川純の「玉姫様」購入記念に。

B000CPGW64.01._SCTHUMBZZZ_.jpg

80年代。俺がもろ10代の頃の話ですが。
戸川純が出てきたのって、15の頃ですからねー。
それからもう21年くらい年月が経ってしまってるわけで。

でも、あの頃の音楽っておもろかったなー。
ジャンルがまだきれいに分かれてた時代だったしね。
小学6年のころにYMOに出会ってから僕の音楽人生は大きく狂いだす(爆)んですが、
YMOに出会ってなかったらきっと今みたいにたくさんの音楽に嵌ってなかったかも
知れんですね。

ちょうど中学のときはニューロマンティックってのが流行ってて。
デュラン・デュランだのカルチャークラブだのカジャグーグーだの、
いろんなポップなグループが雨後の筍のように現れて。
そりゃぁ楽しかったですね。
ヘビメタもまだまだ元気あったし。
そんな中僕が嵌ってったのは「パンク・ニューウエイヴ」というほうで。
ピストルズだの、クラッシュだの、デペッシュ・モードだのを
必死で聞いてましたね。
当時何が一番だったかはよくわからんのですが、
とにかく何でも聞いてた。
でもやっぱYMO色が一番濃かったので、テクノ系が一番多かったのかも
知れないですね。

続きを読む
posted by toshi at 02:26| 香川 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

買っちゃったっ!

木村カエラの「circle」、キットカットとのコラボシングルです!

3月にアルバム「circle」が出るんだけど、その前にキットカットのCMソングってことで
「キットカットバージョン」が登場。

このシリーズ、前に175Rがやってたよね。歌のタイトル忘れたんだけど(汗)。

早速聞いてみましたが、今までのカエラちゃんとは違う、ダンス・チューンってやつで。
作曲がクラムボンのmitoさんだってわかって「ほー。」と。

内容はやっぱグレード高いっす!
個人的にはロックなカエラちゃんも好きだけど、こういうのも好きだな。
なんかこういう感じが「今」って感じでおもしろい。

CDはコンビニでもまだ買えるので、もし気になった方はお早めに!

かえら
posted by toshi at 23:16| 香川 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

you spin me round(like a record)

いやぁ、やっぱ改めて80年代ってよかったんだなぁと思ったですよ。
雑誌に載ってて、ネットでも売ってたから即クリックしたんだけど。
いいです。↓

828767309828.jpg

80's好きなら誰でも知ってる歌が満載!
おまけに未発表リミックスが入ってるとなれば思わず手が、、、
ストック・エイトケン・ウォーターマンといえば、80年代を代表する大プロデューサーなわけで。カイリー・ミノーグも彼らのプロデュースでデビューして一躍大スターになったわけで。
小室哲哉みたいなもんなんだろか。
でも、あそこまで落ちてないしな、この人ら。
でも金銭的なもつれでエイトケンさんは抜けちゃうんだけどね。

この時期の音楽にしてはなかなかしっかりしたソングライティングと音で、今聴いてもけっこういい感じだったりして。
この人たちの音のルーツはほんとにブラックミュージックなんだなーって感じがした。
「白い音」なんだけど、グルーヴは黒いと言う。
なかなかおもろい人たちです。

と、久し振りに音楽で語っちゃいました、、、


まさかSamantha Foxまで入ってるとは、、、(嬉)。
posted by toshi at 00:53| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

裏。

今、昨日届いたマドンナのアルバムを聞きながらこれを書いてます。
ダンサブルなマドンナってほんと久し振りだよねー。
って思わず書いちゃったけど、今までのアルバムも俺はダンサブルだと思ってたんだけど。
「ray of light」も「bedtime story」も「american life」も、それなりにダンサブルだと思ってたんだけど、、、
フロア、って考えるとやっぱ久し振りなんだろうねー。
そう考えると、そういう意味での「踊れる」アルバムって、デビューアルバム以来なんじゃない?

最初の印象は、なんかものすごくヨーロッパよりな音。
アメリカのメインストリーム、というよりはヨーロッパの小さな、または大きなクラブで毎夜がんがんかかる体の音作り。
で、踊れるくせになぜかクールな歌い方。
これも今までのキャリアが成せる業なんだろうか?

マドンナはデビュー当時から大好きなんだけど。
ここ何年かちょっと苦手なところがあって。
ここんとこのマドンナの音って、アンダーグラウンド寄りというか。
わりとクラブヒットするようなマイナーな音をうまくメジャーに取り込んで。
作品としては革新的なものになんだけど。
裏好きな俺としてはちょっと、、、
クラブテイストなものがメジャーになるといたるところで耳にしてしまうもので。
するととたんに飽きてしまうと言う。
まあ、わがままなだけなんだけどね(汗)。

でもそこはマドンナ、単なる流行の音だけでは満足しないみたいで。
これまでの22年のキャリアをフルに発揮してる感があって、楽しい。
こういうケミストリーを生み出せるのはやっぱ後にも先にもマドンナくらいしか
いないんだろうなー、と思ってしまった。

他の追随を許さないマドンナ。
これからもどんどん「裏」を暴いて明るみに晒してもらいたい。
だって、それだけ新しい発見もできるしね^^。

超自己満批評でしたっ!
posted by toshi at 01:43| 香川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

マッキーが一番欲しいもの。

遅くなりましたが、マッキーの「セレブレーション」見てまいりやした。
久し振りの大阪城ホール。
天気がいまいちだったけど、わくわくしながら行ってまいりましたぴかぴか(新しい)

肝心の内容ですが。
あんまし予習をちゃんとしてなかった自分もあれなんですが、、、
「こんな音なの?」って感想。
フルオーケストラを普通の演奏にのっけて。
一応コーラス隊も出てきて。
選曲は今までになく統一感がなくって。なんか、ちょっとがっかりしたかも。
これはあくまで自分の感想だから、気を悪くしないでね。

15周年であること、「Cerebration」の趣旨ー愛を祝い合おう。
なんかほんとにあり合わせな感じがして。
たぶん大人の都合で歌えない歌もあるんだろう。
その中から選んだ曲たちのクオリティは高かった。
伝えたいって思う気持ちも伝わってきた。
でも、、、なんなんやろ、この不完全燃焼な気持ちは。

と、辛いことを言いながら、「洗足学園音楽大学」だったっけ?
坊主ガチムチ君がすんごいかわいかった。
もうね、笑顔が明るいのなんのって。音楽やってて楽しいぃ〜黒ハートな感じの
笑顔。
「花火の夜」でのパーカッションの掛け合い。ガチムチ君は手を上げるたびにスティックを
くるっと回してました。
ゴスペル隊がそうであるように、彼らの顔も笑顔で輝いてたぴかぴか(新しい)

こういう瞬間に出逢えるから、音楽バカはやめられないハートたち(複数ハート)

間に休憩を挟んでトータル3時間。終わったら22時さ。
そこまで長いライブは小沢健二の武道館以来だな。
でも、いろいろ思うところはあったけど、
「愛を祝い合おう」の気持ちはしっかりともらって帰ったよん。


席がすんげー観難いところだったので(相方ごめんふらふら)、DVDでたら一度見直したいな。

マッキーの歌は、前よりましてうまくなってたよ。
「見上げてごらん夜の星を」は、平井堅のカバーとはまた違う、あったかい歌だったよ。
堅ちゃんのは堅ちゃんので好きなんだけどね。

それにしてもやっぱマッキーのライブって組合員多いね、、、
posted by toshi at 00:33| 香川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

赤い電車。

乗りたぁーい!
ってなわけでくるりの新曲、「赤い電車」です。

くるり

赤い電車=京浜急行なわけで。
俺も東京行ったらお世話になっております黒ハート
たぶん、これって駅とかでもかかってんだよね?
よくわかんないんだけど(汗)。
京急といえば、やっぱ品川の駅を思い出してしまうなぁ。
なんか、一番勝手がいいというか。
使いやすいと言うか。
その昔、地方に住む渋谷系(爆)の俺としてはやっぱ、新宿よりは
渋谷なわけで。そのときには単純にJRで移動してたっけ。
その後ゲイ友ができて初めて新宿にいったわけで。

、、、

でもやっぱ今は品川かな。

それはさておき。
俺的にはもう一枚、うれしいCDが。
ハワード・ジョーンズってご存知?
その昔、「テクノポップの王子様」として一躍日本でも人気を博し、
その後順調にメインからは遠ざかり、独自のスタンスで活動していた彼。
80'sのオムニバスにもよく顔を出してるから歌は効いたことあるって方は多いかも。
その彼が、なんと7年ぶりに出したアルバム、「Revolution of the Heart」。

はわじょん

この方、年齢は50歳なんですが。
いまだに髪型はトンガッテおられます、、、
昔からわりと派手な髪型してたんだけどね。
いまだにモヒカンとは、、、恐れ入りましたm(_ _)m
それにまけじとおらもっ!

はわじょんのまね

もう長さ的にかなりの長さになっちゃったので、立てたのは久し振り。
そろそろ切ろうかなーと思っております。

まあ、それはよしとして。
肝心の内容は、ひとたびのコンピューター音楽に立ち返り、
トランス界では名うてのプロデューサーチーム、dbaと手を組み。
秀逸なメロディーをトランスに乗せて。わりと聞かせる「歌ものトランス」
になっております。
ボーナストラックには、スズキワゴンRのCMにつかわれてる「New Song」のリメイクを
収録。
なつかしついでにちょっと小耳に入れてみるのもいんじゃないでしょか?

posted by toshi at 21:18| 香川 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

グッジョブ!

最近、ほんと疲れきっております。
てか、疲れてんのか?ってのがわかんなくなってるような、、、

やばいぞー!!

そんな中、俺の気持ちを和らげてくれる最強盤が登場!
RIP SLYMEの「グッジョブ!」

B0006H2YOC.01.LZZZZZZZ.jpg

過去のシングル曲に、新曲2曲、それにボーナスでNIKEのCMにも使われた
「Stepper's delight」のリミックスを加えた強力盤!

に加えて、おまけDVDは、groovisions監修のPVのメガミックス!
これがまたおもしろかった!
デビューから最新曲、最後には「マタ逢ウ日マデ」で締めるという、
これぞ「グッジョブ(b^_^)!」なDVD。
groovisionsが監督したPVって、さすがデザイン集団だけあって、配色とか
色のトーンの感じとか、ほんとディテールのこまかいとこにまで配慮が
行き渡ってて。
観るたんびに「ほぉ〜っ」とため息がでてしまうのであります。
楽しいものは楽しく(「Joint」)、渋いものは渋く(「黄昏サラウンド」)、
春っぽさや(「dandelion」)、夏っぽさ(「楽園ベイベー」)など、
見る人の気持ちをうまくキャッチするというか。

そん中でも一番すきなのは、「dandelion」。
PVには女優の宮崎あおいが出演すると言うこの作品には、
終わる冬と始まる春の感じをうまく出してて、ちょっとだけ胸がきゅんとするビデオ。
ラップの内容も春に向かって飛び立っていく人たちをたんぽぽの綿毛にたとえて
ライムすると言うもので。
春じゃなくても聞いててジーンと来る曲で。
焚き火の周りをメンバーがぐるぐる囲みながら踊る風景はなんだかあったかくて好き。

なんか抽象的な感想だなー、、、
文章下手ですんません、、、

もしよかったら聞いてみてくだされ。
きっと、胸がちょっとあったかくなるから。
posted by toshi at 02:02| 香川 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

devil inside

昨日からヘビロです。
何故か「utada」が。
あの、ジャンルレスな、とりあえず全部混ぜたらこんなんなりました的な、
オルタナな音が聴きたくて。

宇多田ヒカルの頃はわりと、初期のR&B〜洋楽風歌謡曲の流れがあって、
みなさん「流れ」で買ってたと思うんですが。
「utada」はわりと手ごわかったと思います。
だって、よほどの音楽好きくらいしかあの音の面白さはわかんないはず。
あれだけジャンルをミックスすれば、誰も飛びつけないはずかな、と。
ボク的には、80年代の懐かしさも感じつつ、ビョークっぽいエキセントリックさもあり。
「こんなの売れちゃまずいっしょ」
って思いながらがんがん聴いております。

なんか、もうそろそろ「宇多田ヒカル」名義のシングルもお目見えするみたいですが。
ボク的にはutadaのセカンドなんかも早く聴きたいなーとか思ってみたり。

でも。

やっぱ、こまめなプロモーションやクラブサーキットはやんなきゃだめだよー。
じゃなきゃ聴いてくれる人の層だって限られてくる。
インターネットの世の中でも、やっぱそういう地道な苦労はしなきゃだめだと思うし。

で、セカンド。
よりエレクトロニカな方向に進んで欲しいかな。
R&Bでもいいんだけど、なんかもう、彼女的にはそういうのってもういいって思ってるだろうし。
なんかのタイアップで使ってもらえないかなー、、、

以上、ややマニアックな独り言でした(笑)。
posted by toshi at 01:50| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

一人じゃないから

あいちゃん

私がキミを守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる


時に人は傷つき
傷付けながら
染まる色はそれぞれ違うケド
自分だけのStory
作りながら生きてくの
だからずっと、ずっと
あきらめないで…


説明する言葉も
ムリして笑うコトもしなくていいから
何かあるならいつでも頼ってほしい
疲れたときは 肩をかすから


『Story』/AI
posted by toshi at 01:59| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

music baton outtakes

「music baton」、さすがに悩みました。
音楽も、人選も。
4番目の問いの「思い入れのある歌、よく聞く歌」、
ほんっと入れたいものたくさんありすぎて。

そんな自分のモヤット感を解消するために、ちょっとばかし紹介してしまおうかな、と。

songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある曲)

「ヘッド博士の世界塔全曲」/the flipper's guitar
「裸体」/Cocco
「across the universe,while my guitar gently weeps,helter skelter」/the beatles
「パラレルウーマン」/少年ナイフ
「all together now」/the farm
「i'm free」/the soup dragons
「street spirit」/radiohead
「since yesterday」/strawberry switchblade
「walking in the rhythm,magic love」/the fishmans
「水色」/UA
「space oddity」/david bowie
「花」/喜納昌吉&チャンプルーズ
「deep river、ドラマ」/宇多田ヒカル
「soon,when you sleep」/my bloody valentine
「there she goes」/the la's
「リンダ・リンダ」/the blue hearts
「she lost control」/joy division
「out of control」/love&rockets、か、daniel ash
「心守歌、小石のように」/中島みゆき
「世間知らず」/忌野清志郎
「夜の煙突」/森高千里バージョンのほう

まだあるんですが、書ききれないのと、タイトルがわかんないのもあって、、、

さて、この中にあなたの好きな曲は入ってたでしょうか?
posted by toshi at 00:54| 香川 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

Musical Baton

daddyscarさんからトラバされてたので、何かと思ったら。

Musical Baton。詳しい内容はこちらを参照いただくとして。

せっかくもらったバトンじゃ、ちゃんと次に渡さねば。
でも、これっていつまでーとかって期限あんのかね?

ま、よくわからんがはじめてみませう。

1.Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

んとですねえ。今は全部i Tunesのなかに入ってるのでー。
17.89GBくらいなもんかな。実は結構聞いてるようでそんな聴いてないんです、、、
時間がないのと、うちにあるCDってだいたいがMIXものだったりするので。
ぷつぷつ切れるの嫌いなもので、、、
落とすとしたら、やっぱ持ち運びしたい「大好きな音たち」になりますの。

2.Song playing right now (今聞いている曲)
ちなみに今かかってる曲は。「Sonic wave sugar disco/Cubismo Grafico Five」
シャッフルにしてるので。って打ってる間に次は「Breakout/N*E*R*D」。
ほんとうちの音楽はカオスってます(汗)。

3.The last CD I bought (最後に買ったCD)

最後、、、最後っていつだ?こないだ、、、何買ったっけ?

「そうかな 相対性の彼方/小田和正」
「NYMPHO/Armand Van Helden」
こんな感じか?今のとこ一番最後に買ったのはこいだけかなあ。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

うげー。5曲になんかまとまらんちやー、、、
しいてあげるならこの5曲かのう。

「糸」bank band
「i wanna be adored」the stone roses
「すばらしい日々」unicorn
「天使たちのシーン」小沢健二
「今夜はブギーバック」小沢健二&スチャダラパー

統一感無視です。
思い入れがある歌で選べば、これですかの。
今の出会いのこととか、昔の自分のアンセムだったり。
俺は誰かと繋がることで自分の幅を広げるという楽しみを見つけてしまった。
そういう感じの選曲かなあ。
ほんとはもっとマニアックでもいいのかな?


5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

音楽好きな人、、、、
もうすでに二人は挙げられてるしなー、、、

「1秒前の君にはもう2度と会えない」のpolonさん。
「お気楽 a go-go」のまっぴさん。
「DOSED」のDOSEDさん。
「blog、できるかな?」のちきちきさん。
「なんくる。」のうららぱぱさん。

忙しいとは思いますが、俺のバトン、受け取ってください!
まあ、強制ではないみたいなので、シカトかましてくれてもよかとです。

これってほんとはやってんのかなあ、、、

こんなんでいっすか、daddyscarさん?

posted by toshi at 01:10| 香川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

やさしいうた。

梅雨なの?
ってくらい、うちのほうは空梅雨。
今年の夏はある意味「地獄」をみるのかも。
水の配給とか、またそんなんなるのかなぁー、、、

その話はまたこの次に。

なんか今週入ったあたりからやけに切なさが。
こみ上げるというよりは、そこに「いる」って感じで。
梅雨だから?
そんなときは優しい歌でも聴くことにしよう。
と、思って昨日借りてきた歌。

「BIG MAMA」/SOUL CAMP
bigmama.gif

沖縄出身の4人組のいまどきのHIP HOPグループ。
この歌は3月にメジャーデビューしたときの曲で、生まれてきてから今までお世話になったかーちゃんへの感謝と、これからもよろしくな、っていう歌。
47都道府県にキャンペーンに行ってたらしくて、もちろん香川にも来てた。
俺が良く行く沖縄料理屋にも顔出してた(!)、それも俺が試験終えた次の日に。
行きたかったなぁー、、、
ま、それはよしとして。
音もさることながら、すんごい素直な言葉の羅列。
さすがに、最愛の母親に向けて送った歌だけあって。
夜中に涙腺緩みました。
ちょっと、優しすぎたかも。
思わず自分のおかんのことを考えてしまった。
今年80歳の、おかん。
ほんとに何もできないままサヨナラするのかもしれない。
でも、俺をこの世に呼んでよかったって思ってくれればうれしいな。
根っからの世話好きで、根っからのおしゃべり好きで、日本一になった高校野球の監督の妻。
ものすごい人らと俺は暮らしてるのかも知れないけど。
おかんもおとんも、ふつーに一人の人間だった。
最近になってそう思う。

余談が過ぎました。
で、このSOUL CAMP、ほんとにいいです。
沖縄では大ヒットしたらしいですが。
全国でいろんな人にきいてもらえるといいな。
きっと、心があったかくなる。

「あなたの愛に包まれ、こんな俺のためその歳まで
 ほんとにありがとう。おれはまだまだ何もしてやれてないけど。
 あなたの愛に包まれ、こんな俺のためその歳まで
 ほんとにありがとう。そして笑いこれからもずっと共に行こう。」


切ない夜はこうして更ける。

こんな夜は。
大好きな友達や恋人の顔でも思い出しながら。
早めに頭のスイッチ切ろう。

おやすみ。

だめだ、なんかうまく書けないや。
へたくそ、ごめんね。
posted by toshi at 01:18| 香川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

デスチャ、急逝。

ねーむーい。
そりゃあ、朝10時から夜11時まで働いてりゃあ、眠いに決まってるさー。
と、愚痴ってみる。
モヤット感、以上!

そんな眠気の充満した俺の頭に飛び込んできた一個の記事。

「Destiny's Child解散!」

、、、じつは、そんなに興味なかったんです、つい最近まで。
なんか、デビュー当時からブレイクのきっかけになったアルバム「Survivor」まで、どうしてもある思いが拭いきれなくて。

「やらされてる感」

たしかにサウンドプロダクションもかっこいいし、PVもすごい。
でも、なんか3人の個性が伝わって来なかったちうか、、、
なんかお人形くさくてやだったんです。

それが、今一番新しいアルバムを聞いてみて。
「お、やっときた」
って感じで。
アルバムいまだに買ってないですが(汗)、ほんとそのうち買うつもりでした。
「GIRLS」とか、けっこ好きなんですけどね。

そっか、やっぱ解散か、、、

ソロでそれぞれが大ヒットしたからこれはヤバイなーと思っておりました。

これでまたひとつ、すばらしいグループが消えるのね。


、、、


でも、デスチャの「売り」って、結局なんだったんだろ、、、

「ビヨンセ」のみ???
posted by toshi at 02:18| 香川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

今年の夏フェス。

まず、欠席届。

「Summer Sonic05」
「Fuji Rock Festival」

ほんっとは仕事辞めてでも行きたいんですが。
来年、がんばります(涙)。

そんな中、唯一行けそうな夏フェス。

「MONSTER baSH 2005」

香川県のまんのう公園ってところで、毎年夏の終わりに行われるんですが。
毎年仕事で行けなかったんですが。
てか、職場の近くで、ほんっとすぐ近くでケツメイシのみなさんが空き地でサッカーやってんのも観たんですが、、、

今年はぜってー行ってやるっ!!!

5月20日に第1弾ラインナップ発表。
そのメンツたるや。

・RIP SLYME
・RIZE
・detroit7
・DOPING PANDA
・Dragon Ash
・ジャパハリネット
・KEMURI
・真心ブラザーズ(!!!!!)
・ミゾオチ
・サンボマスター
・PANORAMA AFRO
・MONGOL 800
・the band apart
・湘南乃風
・THE イナズマ戦隊

なんかめっちゃメジャーな取り揃えではありますが。
リップとライズとドーパンとサンマスと真心とband apartが来るなら絶対にいく!!!

てか、真心は必見でしょ!!

音バカのみなさん、今年の夏はちょっと香川まできてみません??
て、まだあと第2弾第3弾と発表があるので、詳細はこちら
posted by toshi at 00:56| 香川 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

音楽のススメ。

なんか、ここにきて財布の口が緩むような話しが、、、

元スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンがソロを出すそうな。
スマパン、じつは俺が夢の中でエッチなことをしてるときに必ずかかる音楽で。
それもなぜか「tonight,tonight」だったりするという。
なんなんだろね、、、

MTVでちょこっとプロモも見たんだけど。
相変わらずのオネエな目つきで。
相変わらずのスキンヘッドで。
相変わらずのニューウェイヴマニアな音で。
あのギターの轟音があっしは好きで。
スマパン聴きながらでも寝れるくらいだし。

トラバしてきたボビーさんちにいけば、フルでPV観れるよん。

そして。待ちに待ってたのはこっちも。↓
julietlewis.jpg

ジュリエット・ルイス。 
覚えてらっしゃるでしょうか?あの、女優のジュリエット・ルイス。
「ケープ・フィアー」って覚えてないすか?
ロバート・デニーロが、自分を救えなかった弁護士に復讐をしようと、家族に手を出す。
その際に出てた「弁護士の娘」が彼女。

久し振りに声を聴いたのがthe Prodigyの新作、「Always Outnumbered, Never Outgunned」の1曲目、「Spitfire」で。「こんなパンクな声だったんだ、、、」

それから探したさがした。で、やっとこのたびデビューでやんす。
アメリカとかでは野外のライブイベントにちょこちょこ出てたらしいんだけど、日本での認知度はかんなり低い。よね?

音の感じは。んー、、、100歩ゆずってパティ・スミスかなあ。
流行の音でないことだけは確か。
俺的には懐かしいかな。

まあ、だまされたと思って聴いてみてください。
posted by toshi at 02:03| 香川 ☀| Comment(7) | TrackBack(2) | 音楽大好き。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。